3つの脳内物質

脳内物質には、3つの種類があります

ドーパミンやる気ホルモン
ノルアドレナリン怒りのホルモン
セロトニン幸せホルモン

この3種類の分泌量の傾向は
生まれつき決まっていて
生涯変わらない、と言われてます

わたしは
ドーパミン普通
ノルアドレナリン多い
セロトニン少ない

こんなタイプ
タイプは9種類あって、完全にあるタイプだけ突出している訳ではありません

得意とすることが
「ものごとを俯瞰してみて分析すること」
だから
そうなんじゃないかな~って
生まれつきなので、行動パターンとしては無意識です
何にも考えずに、やっちゃうこと

では、スピリチュアル的視点から
今生、わたしは
この脳内物質パターンを選んで来ているのだと思います

逆から言うと
このパターンでないと課題クリアが難しい、とか
とてもじゃないけど天命を全うできない、とか

だからある意味諦めて
このパターンを受け入れて
存分に感謝して
活かしていくしか、ないんです

補足
アドレナリンは、肉体的ストレスに対する戦いホルモンですから、脳内にはあんまり登場しません

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

解放

次の記事

元を辿れば愛でした