物理「波長」解説

「波長」ってその名の通り
波の長さ
一つの波から次の波までの『一波ひとなみ』分の長さです
 
一波の山と谷が高くて深いと、長~い波長になります
大波は波長が長くて、小波は波長が短い
 
プリズムを通すと
光が七色に分かれますね
赤は大波波長が長い)、紫は小波(波長が短い)
波長に応じて、曲がり易さ屈折率が違います
だからあの順番。七色
 
さて、色として見えない赤外線
赤外線は、赤色より大波です
これが皮膚とドーンとぶつかると、皮膚を通り抜けられずに熱エネルギーに変わる
あったかいですね
 
対して、紫外線
紫色より小波なので
皮膚を浸透、通過できます
皮膚内部でエネルギー変換しますから
DNAを傷つけることがあります
 
更に更に小波なX
これはお腹側から浸透して、更に背中側へと突き抜けられるので
レントゲンが撮れる、という訳です
 

音に関しては、色と違ってイメージ通りな感じがします
大波(波長が長い)なのが低音
小波(波長が短い)なのが高音
 
救急車は中々の速度で走っているので
近づいてくる時、音波は小波になる
だから音がどんどん高く聞こえる
波が、ぎゅーっと圧縮される感じですね
遠ざかる時は逆(これが、ドップラー効果です)
 

 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

元を辿れば愛でした

次の記事

意図のパワー