報酬系の罠

報酬系

脳内の最も原始的なモチベーションシステム

脳は報酬が手に入りそうと認識すると

ドーパミンを放出し

障害があろうとも報酬を手に入れようと

わたしたちを駆り立てます


動物も

生理的欲求、本能的欲求

つまり食欲・性欲・睡眠欲

で報酬系が活性化します



人間は更に

成功体験、依存性物質(タバコや薬物)

買い物、知的活動、ギャンブル、ゲーム

ネット、社会的承認

でも報酬系が活性化します


ここで脳がハマると依存を形成するのですが


ハマる罠はやはり

ドーパミンを知らないから😫

「ドーパミンには報酬を期待させる作用があるが、報酬を得たという実感はもたらさない」(2001年スタンフォード大学脳科学ブライアン・クヌットソン博士)

つまりドーパミン(報酬系)は

渇望させ、埋めようと動機づけはするけれど

満たされる実感を得られない

更なる渇望

ハマる


脳には仕組みとして

ハマり易い・依存を形成する回路がある


頭の声ばかり採用すると

知らぬ間に、依存しているかも


ハートの声、肚の声は

なんて言ってる?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

出る杭は打たれる

次の記事

ほっとく