古傷で、天気下り坂が分かる能力

こんなセリフ、聞いたことありませんか?

「雨降るよ、古傷が疼く


これは何が起きているのでしょう?


古傷は、気圧の変化を察知していたのです💡

古傷周辺は
局所的に感受性が高まっています
気圧が少し下がる
が刺激となり、痛覚が興奮する

なので‘気圧が少し上がる’でも痛くなるそうです
感覚(痛覚)が、研ぎ澄まされている
ことによる天気予報能力なのですね😉

図々しく鈍感(これは強いとも言う)

だと気づかない
感覚が鋭利・敏感(これは弱いとも言う)
だから気づく
怪我をしなくったって
感覚を研ぎ澄ますことはできます♪
瞑想感じるを強化してゆく筋トレ😉

全く余談ですが(笑)

ご近所の木蓮(マグノリア)が咲いたよ❤︎
いい匂い😚

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ほっとく

次の記事

発酵食品