domestic

わたしはすっかり飼い慣らされていたんだね

衣食住揃ってたから
ここから出るなんてこと
妄想すらしなかったよ
でも…
わたしの潜在意識はゆっくりゆっくり
時間をかけて
「飼い慣らされたままで
本当にいいの?
ここから出なくて窮屈じゃないの?」
な体験をさせてくれた 
わたしの潜在意識だから
合わない手段をとらない
革命的変化を嫌うと、解っている
身体の声「体力ないんです」
心の声「突如の激変→閉じます」
思考だけが
「効率悪っ💢まどろっこしいわ」
とマイルド変化にご不満
そう
身体の声や心の声が優先されるの
自動的に
安全なの ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

期限つき交際

次の記事

りんごが好きだ