なぜ身体は冷えるのか?

先ず結論✨

身体が冷えるのは至極当然

なぜ当然か?

発汗してるから💦

真冬であろうとも汗をかいて

体温を下げよう、下げようとしています

なぜ、発汗が必要???

答えは簡単🎶

オーバーヒートしたら

身体が壊れるからです☝︎

特に脳は暑さに弱い。41℃でかなりキケン

42℃以上で脳細胞はダメージを受けます


逆に低体温に身体は耐えうる

心臓の動きが悪くなるのは、体温20℃くらい‼︎

ところが…

ご存知のように冷えはよろしくない😨

36.5℃を下回ると

免疫力が落ちます⤵︎

体温が1℃上がると、免疫力は5倍⤴︎

酵素活性が高まる(代謝が上がる)のは

37.2℃〜38.5℃

体温が1℃上がると、代謝は40%〜50%⤴︎

癌細胞は、35℃台を好み

39.3℃になると自殺します☠️

総じて体温37℃がベストですね



そして…身体の巡りと運の巡りは

連動すると思うのですよね… 

ぐるぐるぐる〜🌀

巡りが悪いことにも

利点はあることを補足します😊

時計の針の動きも、ゆっくりにできる

進行を遅らせる

‘持ち’が良くなる

薔薇の花、蕾を冷蔵庫に入れると

中々開花しないですよね?

そんな感じ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

零話《映画》ローグ・ワン

次の記事

祝福の元号またぎ