青とピンクのコントラスト

GWになるといつも思い出すのは

この曲

ピンクスパイダー

元X JAPANのギタリスト

hideさんが作詞、作曲

そして彼は1998年5月2日に他界

享年33歳

特別ファンというわけでもなかったのに

訃報には驚いて

いまだにGWになると思い出す

ピンクスパイダー

きっとこの曲のメッセージが

わたしに刺さった🗡

からなのだ、と思います😌

ピンクスパイダー   歌詞

君は 嘘の糸張りめぐらし
小さな世界 全てだと思ってた
近づくものは なんでも傷つけて

君は 空が四角いと思ってた

「これが全て… どうせこんなもんだろう?」
君は言った… それも嘘さ…

ケバケバしい 君の模様が寂しそうで
極楽鳥が 珍しく話しかけた

「蝶の羽根いただいて こっち来いよ」
「向こうでは 思い通りさ」

ピンク スパイダー 「行きたいなぁ」
ピンク スパイダー 「翼が欲しい…」

捕えた蝶の 命乞い聞かず
君は空を睨む
「傷つけたのは 憎いからじゃない
僕には羽根が無く あの空が 高すぎたから…」

(セリフ)「私の翼を使うがいいわ,スパイダー。
飛び続けるつらさを知らないあなたも,
いつか気が付く事でしょう。
自分が誰かの手の中でしか飛んでいなかった事に。
そして,それを自由なんて呼んでいた事にも…。」

借り物の翼では うまく飛べず
まっさかさま 墜落してゆく

ピンク スパイダー 「もうダメだ」
ピンク スパイダー 「空は見えるのに…」
ピンク スパイダー 「失敗だぁ」
ピンク スパイダー 「翼が欲しい…」

わずかに見えた あの空の向こう
鳥達は南へ
「もう一度飛ぼう この糸切り裂き
自らのジェットで あの雲が 通り過ぎたら…」

ピンク スパイダー 空は呼んでいる
ピンク スパイダー ピンク スパイダー

桃色のくもが 空を流れる…

極楽鳥にそそのかされて蝶を殺めた蜘蛛

蝶は、その空すらも枠の中なんだと

より外へ外へ‼︎向かいたい曲…

だと思っていました😞

今は…

蜘蛛は、蜘蛛であることを

素直に受け入れてゆこうよ🤗🎶

と、いうことなのかなぁ

と思います




あの雲(桃色のくも)が通り過ぎたら…

蜘蛛は既に空を流れている

https://youtu.be/ZQ51WJybK2k

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

祝福の元号またぎ

次の記事

連絡が取れない快適さ