アヌンナキ物語をアプデ

男性と罪悪感について
調べていましたら
こんな記事に出くわしました
一部抜粋
つまり、「差別したい」というものがまずあって。人を自分より見下すことによって自分を引き上げたいという、嫌らしい根性のある人間がたくさんいるということです。
はは〜ん💡
ここで、ピカっと思い出したのは
アヌンナキ

アヌンナキ(宇宙人)は
奴隷が欲しくて、遺伝子操作して
地球人を作ったのだけれど
その地球人も創造主に似て
奴隷を欲しがっていた…(過去形)
とへいは解釈しています(^_-)

アヌンナキの解説で
簡潔かつ分かり易いのはNaokimanのこれ↓
ちなみにわたしは
アヌンナキのような
陰謀論?神話?といった類は
面白い物語
かつ知ってて損はない共通認識
と捉えています
これらと同じ温度↓
「H部長は、チョコが嫌いなんだって
苦いからって言ってた」
「へ〜、お子ちゃま舌なんだねぇ」
「会長は、サーモンが嫌いなんだって」
「へ〜、じゃあ料理を取り分ける時は
盛らないようにしよう」
「社長は、エビアレルギーなんだって」
「へ〜、じゃあ海老は
ご馳走してもらえないね(笑)」
で、話を戻して
くだんのアヌンナキ
昨年の5/20     穴口恵子さんblog

【実は、アヌンナキが反省してる】

一部抜粋
アヌンナキの遺伝子操作で、私たちは恐怖や無価値観を植え付けられて、神として人間が生きられず、
コントロールされていた事実がある。

今、アヌンナキの皇族が、その宇宙のカルマの解消に地球にきていて、働いてる。

遺伝子操作の解除をして、人間が本来の神として、目覚めて生きることに貢献している。



だからさ
もうアヌンナキのせいにできない😅
外側に神を求めるな‼︎
との潮流とも符合するよね❤︎

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)