pH解説しまーす♪

AIZENさんの考察を解説します
AIZENさん考察
衣類に付着していた皮脂や老廃物は、もともと人に付着していたものなのだから、人に付着している皮脂や老廃物だって落とせるはず。

そしたら、石鹸やボディーウォッシュや、ひょっとしたらシャンプーも?要らなくなるのでは?

そしたら当然その水も農業用水として使えるはず。」
結論😉仰る通りです✨
くだんのマグちゃん投入、10〜20分経過すると
pH  10
になるようですので…

話題になった、セスキより

アルカリ性は強いようです😉

pHの真ん中は7

皮膚はpH5なので、7で折り返して
pH9辺りが
(皮膚を汚れとする場合)洗浄力が良いです✨
因みに
髪の毛のキューティクルは酸で締まります
酢リンスは、この役目👆

派生して温泉pHいきまーす♨️

酸性温泉は、お肌を引き締めます

ケミカルピーリングは、pH3.2〜4
ケミピは古い角質を落として
ターンオーバーを促進させるのが狙いです
対して、アルカリ性温泉は
お肌をゆるめます
肌当たりやわらか、ヌルヌル
マグちゃん水に、ドボンと入った状態ですね😉
お肌が弱い方➡️洗浄で、アルカリに傾いた肌を
弱酸性に戻す働きが弱いです
なので、弱酸性ソープが売られています
がっっ、お肌が弱くない方は
pH振り戻し左右矢印って
良い刺激になると思いますよ😙
古きを一掃して、新ピカ✨みたいにね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

被害者でいるメリット