自分を否定しない。どんな時も

原始仏教の教えにあり
今更目新しくもないことですが

自分を否定しない。どんな時も

これは、基本のキ
××さんを嫌いな自分を責めない
理不尽な△△さんにムカついたことも許す
徹底的にどんな時も自分に寄り添う
毎日丁寧に
自分に親切にし、肯定していると
ムダな氣の漏れがなくなるので
内側から満ちる
さながらカップのエースの水のように


満ち溢れる

無理なく枯れずに人様へ氣を配れる
そして、ある時
あなたはふと気づくだろう
他人は自分だと
わたしと違って見えるのは
彼等が‘いまここ’のわたしではないからだ、と
過去のわたしかも知れない
あの人は、未来のわたしかも
はたまた次元が違うのかも知れない
その時
基本のキに戻り
彼等を否定するのは自分を否定すること
だと気づくでしょう
自分に徹底して寄り添うことは
他者へも拡がる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)