甘えられないのは

これは、わたしのことだけど
甘えられないのは
相手を少しも信頼
信用していないから、だ
甘えるって
犬だとよく分かるんだけど
「この人は絶対に攻撃しない」
と、信じ切って
急所のお腹を出してsurrenderする
信頼がなければ
恐ろしくて出来やしない
甘えられて
可愛いなぁ❤︎と感じる裏には
信頼されているなぁ❤︎
が、ある
ちっ😩頼りにならないねっ💢
のきっかけは、やはり母だと思う
不機嫌という変化球甘えで
コントロールを試みた母は
わたしから見たら
ちっとも頼りにならない
子どもなのに、寄りかかられる側‼︎
甘えは
断ることも可能なのですが
氣弱なへいに
変化球甘えを断れるわけもなく…
変化球甘えは
強制力とか強要、圧力の色が濃く
嫌気がさしたわたしは
益々、甘えを悪と捉えるようになりました
「助けて欲しい」を数え切れないほど
飲み込んだら
頼る発想そのものが消えてしまって
甘え下手は強固に成長した
男性は
女性と比べると
自分の「好き」の境界線が曖昧だから
好きレベルが低くても反応しちゃうせいで💧

女性ほど、を欲していない
その代わりに
信頼を欲してるようにお見受けします
甘えるだけが信頼の証じゃない
それでも
甘え下手が過ぎると
「俺は信頼してもらえてないのかなぁ…」
と寂しくなってしまうみたい
「わたしはしてもらえてないのかなぁ…」
って、かなり寂しいですよね😢



そんなこんなで
母とともに育てた甘え下手を
彼が欲するものを提供するって形で
解消してゆく
よっくできたカラクリだよねー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

痛くなくても、手当て