「ホワイト国」剥奪に思う

支配する時は言葉を奪うのが効果的

恥ずかしながら最近知ったのですが
福沢諭吉先生が
埋もれていたハングルを復活させ
普及させた
これは、朝鮮独立のための活動
でも福沢諭吉先生
関わったけど大変だった😨グッタリ😱
されたようで…⬇️脱亜論

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。
(『脱亜論』明治18年(1885年)3月16日)

100年以上前に、福沢諭吉先生は

隣に有る国だからと言って

過度に配慮することはないって‼️

昨日ようやく
貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」
から韓国を除外する
政令改正が閣議決定しました

これは両国共に喜ばしいことなんだよね

今までは

お世話する側(日本)がいつもいつも
搾取されて、何だかグッタリしていて
お世話される側(韓国)は
しっかりと自活する機を逸していた
これは国同士だけじゃなくて
親子とか男女間でも起きていたことで
放っておくという信頼
これができるかどうか?
問われているな、と感じました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

《映画》天気の子