テスト・試験の本質

最初に結論

テスト・試験の本質は

到達度確認

どこが苦手か?

どこを分かってないか?

どこで、つまずき易いのか?

気づきの場




小学校6年生の冬

わたしは2組だったんだけど


ある日、1組の先生がやって来て

(その経緯は、全く思い出せない)

皆に話してくれました


「中学校は、テストも難しくなるけど

テストの前に、自分でテスト

(ドリルやら問題集で)して

間違えたところを、おさらいする。

その後、学校のテストを受けるんだよ」と



ほー💡


テストの前に、テスト‼️


これは

理解できたつもりの洗い出しと

しらみつぶしおさらいなんだな💡


と腑に落ちた

へいなのでした😄



この本質に基づけば

何点取ったかなんて、どうでもよくて

100➡️全部理解してます


どこが分かっていないのか

明らかにするんだから

カンニングは、臭い物に蓋をする

隠蔽工作


間違えてもいいし、出来なくてもいいし



切磋琢磨という健全な男性性が

活かされるのであれば

昔よく見た、順位貼り出しも有効


入学試験は

ここまで理解できていない人は

うちの学校ではついていけませんよ

のお知らせ


シンプルに

かけ算クリアせずに

割り算って、どうやれるのかな?

すっごく難しくなってしまうよね?




テスト・試験の本質から

だいぶズレて苦しくなってるとこが

あるよなぁと思います

そしてこれは

テスト・試験の世界だけじゃなくて

一見不都合な現実を

気づきのキッカケにできる

強さ、素直さ、しなやかさ

テストで❌をもらったからと言って

わたしそのものを否定されているわけではない

という自己肯定感

できなかった自分に寄り添う優しさ

人生という旅にも充分応用できる

到達度確認

気づきを軽やかに受け入れて

重い空気を変えよう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ポンコツな2人

次の記事

運を動かす