体軸と自分軸

正しく立つ

って意外と難しい

正しく立つこと

イチローさんも、羽生結弦さんも

草刈民代さんも、立ち姿が美しい

正しく立つ

意識しなくても骨盤が前傾も後傾もせず

骨盤真っ直ぐ立っている、姿勢

これが

身体に負荷・負担なく、最高のパフォーマンスを引き出せるんだと思う

で、骨盤の状態チェックは簡単にできて

壁を背に立ち

頭・肩・お尻・かかとを壁にピッタリとくっつけた時

腰と壁の間に隙間が沢山ある人は骨盤前傾(腹筋が弱い)

腰と壁の隙間を極力埋めようとすると

お腹が疲れてくるので、分かると思う

(骨の近くにあるインナーマッスルが

フルフルする)

肩を下ろし、みぞおちも固めず

氣を肚(ハラ)に落とす

これを無理なく維持できるのが

骨盤真っ直ぐの、体軸がしっかりした状態

女の人が家の中にいる

肚オチ状態

肚が座っている状態

立ち姿が美しい方々の共通点は

確固たる自分軸をお持ち

ということ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)