拉致問題にみる男性性

百田尚樹先生が時々仰る

「隣の家のオヤジが、自分んとこの娘を
拐って行ったら…
『不法侵入』とか言わんで
殴ってでも取り返しに行くやろ?」
はい、拉致問題に対し
日本政府がとるべき行動の例えです☝️
「あのオヤジの娘だから
拐ってもエエやろ😏」
などと、ナメられてはいけない

搾取されてはいけない

何か起きたら毅然とした対応
をしなければならない


ナメられオヤジの娘さんは
安心して暮らせないでしょう?
優しくていい人、だけじゃ駄目なんだよ
ナメられちゃ駄目なんだよ
それが、真の男性性だと思います

因みに、ナメんな💢とイキるこの人⬇️

この人は

「自分はナメられるんじゃないか?」

という恐れを動機としているので

そりゃもう、怖いことが沢山起こるでしょうね🤣

意外なことに

この2人は同じ波動です

イキってる人とナメられてる人

今日のみちよさんのblogから

一部抜粋

何らかの事情で心に傷を負った人は、

他者か、あるいは自分自身、

または両方を傷つけることがあります。

他者へはシンプルに”攻撃”として、

そして自分自身には”自虐的な意識”として、

その傷の痛みをどこかに向けようとするのですね。





ヤンキーは他者攻撃
いじめられっ子は自己犠牲

刃の向きが違うだけ

痛みを昇華していない、という

同じ波動を持つ者です

さて、拉致問題に戻します

1970年代から1980年代にかけて

日本人が拉致されたのですが

霊性高い日本人

よもや、他国民を拐うなど

非人道的な行いがある筈がない!

北朝鮮による日本人拉致は

都市伝説の域を脱しなかったのです

(拐ったという確固たる証拠がないので

拳を振り上げて土足で入って行かなかった)

1987年に起きた大韓航空機爆破事件

その実行犯の1人、金賢姫氏

日本人拉致被害者の存在を

明らかにしました

金賢姫氏の自白は

‘拉致問題にみる女性性’と題し

別記事にてupしたいと思います

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

国菌活

次の記事

拉致問題にみる女性性