木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)と磐長姫(イワナガヒメ)

ヒントをくれたのは一昨日

美味しい珈琲を飲みながら

彼がニコニコこう言った

「神さまが、お姉さんだっけ?追い返しちゃったんでしょ?アレ、あざーーーっす❤︎ってもらっちゃえば良かったのに、ね⁈」

ぱーどぅん?

ええと…エロいこと考えてます?

その後、バチコン‼︎と思いついて

「あぁ、そういうことかぁ…」

ここから妄想炸裂‼︎

木花開耶姫は3次元(時間、場所、空間)を象徴しているのでは⁈

対する磐長姫永遠の神。(永遠なので、ダスカロスで言うところの、ノエティック界=分離の世界より高い次元…だから、5次元より上⁈)次元が高いから姉なんじゃない⁈

つまり日本神話が言いたかったのは

こういうことなんじゃないか?

3次元の目で見ると、ほぼほぼ全員が木花開耶姫の美しさに目を奪われる

目に映る世界の魅力っぷりは、天孫、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)でさえも抗い難いもの

儚く消える美しい外側のもの

普遍的で、永遠なものは内側にあるのだけれど なにせ

外側の魅惑すごい

瓊瓊杵尊もまた、3次元の視点だった

光と闇、善と悪、昼と夜、夏と冬

そして美と醜

美人の妹を選んだ事で「寿命」が生まれました

瓊瓊杵尊がもっと高い次元の視点だったなら

わたし達も「寿命」がなかったのかも知れません(笑)


そうか、そうか!

天孫降臨は、3次元落ちしたって意味だな

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

心の持ちようと氣

次の記事

敵は本能寺にあり