敵は本能寺にあり

明智光秀が、毛利勢を攻めると見せかけて出陣し、京都本能寺の織田信長を襲った

⬇️

本当の目的・目標は別にある


本当の敵は

ウイルス

ウイルスに関連する自粛

自粛に伴う経済政策

ではない

昨日、4月13日時点での

国内感染者で重症者 135名
お亡くなりになった方 102名

ですから

殆どの人にとっての敵は

もっともっと身近過ぎて気づけないところにある

捉え難い怖さは

‘未着手の課題があって、それに気づかないフリをしてきた’

そのことに「もう観念して向き合えよ」と追い込まれている

のが怖くて、猛ダッシュで逃げたいんだけれど

ウイルス関連のお陰で対面を余儀なくされている

蓋してきた、臭いものが

とうとう悪臭を放ち始めて、無視できなくなってきた


抵抗して

ウイルス関連を叩いてみたりして

頓珍漢なところへ刃を向けるのは

八つ当たりだよ

本当の矛先は

怖い怖いと逃げまくる自分の不甲斐なさなんだ


①矛先間違いの外側への攻撃をつづける?

②怖がっている内側に追い討ち攻撃する?

あれ?攻撃自体が

もしかして不毛?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)