ルシファーとアーリマンの間

ファリシテーター(師と呼ぶとダメと言われる(笑))の勧めでもある先人マスター

シュタイナーRudolf Steiner, 1861年2月27日〜1925年3月30日



ダスカロスStylianos Atteshlis, 1912年12月12日〜1995年8月26日

の本を購入

このお二方、偽りなきマスターだと思うのですが

兎に角

ちょっと何言ってるか分かんない

難解なのは敢えて考えさせるため、らしく

それと、受け手であるわたしが未熟ということもあって

正直、これまで進捗状況が異常に悪かったのです(汗)

ところが(幸いなことに)祭りに参加するのが嫌過ぎて、最近ぼちぼち歩みを進めています


と前置いて

シュタイナーの説くルシファーアーリマンをご紹介したいと思います

ルシファーアーリマン

これらは
単純に「悪魔」として外在するのではなく
人間ならば誰しも常に自分の中に
ルシファーアーリマン(=サタン)の
2極が存在している

人間はその2つの力の間で均衡を保つために苦労をしている
そしてルシファーアーリマンの中間に立つ
第3の存在がキリスト(精神)

2極、極端に振り切るとよろしくない

というわけです

ルシファーの誘惑は上に向けて

美しいものを夢みて憧れる

舞い上がっていく、情熱、熱狂

現実から乖離した夢想の世界に人を迷いこませる

物質的なものを軽蔑し高次なものだけに関わろうとする

選民意識

過剰な精神主義

ふわふわ地に足つかない

キラキラスピリチュアルの教祖さまは

ルシファーなんじゃないかなw

とは言え、精神世界初心者を誘うには、キャッチーな教祖さまが妥当なのかもね


ルシファーは

ヒトラーにウォークインしていたそうですね(^_-)


ヒトラーの目的は

「人間に一度、戦争という行為の愚かさを、とことん教えておく必要が、この時期にある。

だから、私は、戦争・差別・虐殺などを行う」


お役目だったのですね!



ルシファーをマイルドにすれば

芸術、哲学、形而上学への興味関心

が持てる

ということになります





アーリマンの誘惑は下に向けて


人間を無味乾燥で、奥ゆきがなく俗物的な存在にする

人を頑なにして唯物論へと導く

全てを完璧に計算可能にしたい

小さな党派に分裂させて争わせる

過剰な唯物論



我がファリシテーター曰く

「共産主義はアーリマンの力によって生まれた」

うん、なるほど



アーリマンをマイルドにすれば

科学の発達

にあずかれる




2極は絶対的な悪ではなく

各々お役目があり

わたし達の中で両者の均衡が崩れた時のみ

となるのですね





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)