我慢する方、させる方

‘よい子’をやるにあたり

往々にして我慢することが多かった

子どもらしい願望を抑え込み、ルールだとか常識だとかに従って

そんなこんなで麻痺してしまって、もう自分の願望が何だったかさえも分からなくなってしまって

勿論、‘よい子’をやるメリットがあるので

プロテクションとして‘よい子’をやる時期があるのは仕方のないことだ、と思う(ええ、自己弁護でもありますw)

‘よい子’をやるメリットとは

(勿論、違う結果のこともあるけれど)

・嫌われずに済む

・愛される
・攻撃されない
・自分に向き合わなくて逃げられる

特に攻撃しないでという想いは強烈だったなぁ…

自分で自分を「非力だ」と認識しているが故に

隠蓑を被っている

恐れの中に在って、ブルブル震えているのだから

時期が来て、自分から出てくるまでは手出しができない

我慢と引き換えに手にした仮初の安住は、欺瞞に満ちているので、必ず破綻する時が来る

わたしの母が

「貴女には我慢させ過ぎた」と悔悛したことがあったけど

寧ろ逆なんじゃないかと思う

わたしがうんと我慢するので

母が我慢させる側に回ったんだ

我慢しなければ、我慢させる人が消える

結局、一人相撲

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)