エスパー◯藤

ちょうど3年前の今日、9月6日

彼との初デートだった

その頃も、今と変わらず

わたしのメニュー選びは秒速で

彼はたっぷり悩んで選ぶ

秒速で、メニュー(枠の中)から選ぶのを常とするわたしを驚かせたのは

彼が

「こっちを提供していただけませんか?」と夜限定メニュー(枠外)からお望みの品を引っ張ってきたことだ

惚れた‼︎(笑)

♂「何にするー⁉︎」

そう言って、いつも先にわたしにメニューを渡してくれる

早く決めなきゃ!と気を使っているつもりはなく、直ぐに選び終えちゃうものだから

秒速で

♀「決まった♪」

どうぞ、心ゆくまでお選びください

とメニューを回す

店の内外を眺めたりしてると

時々

♂「エビ(カレー)にするでしょ?」

♂「ラテにするでしょ?」

何故か確信を持った顔で聞いてくる

そして必ず、ドンピシャに当たっているので驚く

♀「なんで分かるの⁉︎

エスパーなの⁉︎

エスパー◯藤なの⁉︎(伊東さんではないw)」

♂「なんとなく」

答えはいつも、なんとなく

でも本当に嬉しそうに、ドヤ顔

これからオーダーせんとするものを当てられる時、とても幸せな気持ちに包まれる

彼がエスパーなのではなく

わたしが、思いダダ漏れのサトラレなのかも知れない

とも妄想して笑っちゃう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)