呼吸とお部屋と

まず、呼吸の死生観から

ヒトは生まれた時

おぎゃーっと息を吐いて

死ぬ時は息をひきとる

の文字通り、息を吸ってこの世を去る

吐く(生)と吸う(死)とのセットが呼吸

吸って吐くを繰り返すというのは

小さな死と生を繰り返している、とも言える

さて瞑想とか呼吸法で

深く長く吐いて、短く吸う

がお約束だけれど

これはどういうことでしょうね?

ヒトでもお部屋でも冷蔵庫でも、何でもいいんですが…

‘入れ物’は中身がパンパンになると、具合悪くなりがち

なんですよね

過呼吸の方は、吸うばかりで息が吐けない、肺パンパン状態

便秘は、ウン◯が出ていけずパンパン状態

ゆっくり息を吐き切ると

反射で自然に吸えますが、逆はできない

ですので、もう1つ言えるのは

無意識にできてしまう吸うではなく

意識して深く長く吐くに重点を置くことに意味がある

さてお部屋(家)はどうでしょうか?

吸う(死)は買い物した食材や洋服や日用品

吐く(生)はゴミや不用品やお手洗いで出すもの…

ん?なんか放っておくと吸って(死)パンパンになってやしませんか?

そこで呼吸に戻り

意識して深く長く吐く→ゴミや不用品を出す(断捨離)

…と

反射で吸える

入ってくる物は、食材や洋服だけとは限りません

例えばラッキーな出来事、とか…ね

‘入れ物’に空きがあることを

ゆとり

がある、と言う

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)