‘よい子’カルマの立役者たち

少し前のことになるのだけれど

今年のGW後だったかな、菅野美穂さんがこんなことを仰っていた

男の子は、『いい加減にしなさい!』ってMAX怒って、『あっママがなんか呼んでる』みたいな感じなんですよ。最終手段で言ってるのに、『あれ?何かいま言われたかな?』みたいな

FNN_Newsより

それで「そんな子居たよ‼︎」と思い出しまして

ええ…

わたしの弟!

毎日毎日(聞いてないから、効いてないから)懲りもせず叱られる男の子の横で

女の子(姉、つまりはわたし)は

その未熟さゆえにヒトゴトだとスルーできず

「もう勘弁して‼︎」と内心ブルブル震えていた

ついでに

激昂の最中に電話がかかってきたりして


その声色の変わりっぷりに、不信感を募らせたっけ

本当にねぇ、母の怒鳴り声は恐ろしくて恐ろしくて

あの頃の母に

「女の子のほうは怯えてるから、そこんとこもちゃんと考えなさい」と言ってやりたい(笑)

その時基盤ができてしまったのです

「‘よい子’でいなきゃ」

   ↑

「も〜う怒られたくない!(ウンザリ)」

   ↑

「わたしは怒られる人間なんだ」

俯瞰してみれば怒りというものも

こちらが受け取らなければ

プンプン独り相撲をする人がいるなぁ…と言うだけなのですよね

罵詈雑言に無反応だった釈迦の話がありますね


そうか…男の子(弟)は華麗にスルーし

女の子(わたし)は無駄に食らってダメージを受けていたのか

ともあれ、母と弟は‘よい子’カルマ確立を手伝ってくれただけなんだけど

今生返済したいカルマのひとつ

‘よい子’カルマ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

悔い改めよ

次の記事

不安を減らす術