不安を減らす術

例えばアーユルヴェーダ診断すると

ドーシャ体質診断

わたしは体格がヴァータ(要素が多い)

『細くて華奢、痩せ型、肩幅は狭い』

ので、ヴァータがこうじると不安がつのるタイプ

※不安がりだから、こういう体格になったんだけれど

ビビリでこの世は到底安心できる場所ではなく

「備えなくちゃ」

と色々シミュレーションしてしまう

リスク管理の結果

まぁ、うまくいくこともあるけれど

狭量な頭で想定した以外のことも起こるわけで…

そうするともう、お手上げ

イマココにある危機には対峙できず

右往左往したり、ただただ固まったり

人は、分からないものに不安を抱く

これから起こることなど分からないのだから、幻の未来ばかりをみていたら、そりゃ不安になる

シミュレーションして不安を募らせるのは

悪しき『期待』

そんな予期より、イマココ目の前

拳を振りあげてる人が居る?

竜巻がぐんぐん近づいてきてる?

何か危機があった‘その時’に対処すればいい

その方が常日頃、不安でくたびれてるよりも

ずっといいパフォーマンスができるはず

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)